1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 地域医療連携のご紹介「患者さんへ」

地域医療連携のご紹介「患者さんへ」

概要・病院情報・沿革

地域医療連携室とは

診療所・クリニック等の医師(かかりつけ医)からの紹介状を受けつける部門です。専門的な検査・診察や入院が必要な治療を病院で行う場合にご利用下さい。

同じように病院同士でも、それぞれの特長を生かした役割分担をして、一人ひとりの患者さんにふさわしい医療を行う地域医療連携を奨励しています。

図:地域医療連携

当院は、急性期対応病院として「地域医療連携」を推進しており、医院(病院)から紹介していただいた患者さんの検査・手術・治療を中心に医療を行い、症状が落ちついた場合には紹介元の医院(病院)に逆紹介し、治療を継続していただくことを推奨しています。

当院で逆紹介をし、万一定期的な検査や入院が必要な時は、再度の紹介により当院が責任を持って対応させていただきます。

当院は急性期医療を中心に行う病院として、地域の診療所の先生方と協力して、患者中心の医療を目指していきたいと思います。どうぞご理解くださいますようお願いします。

紹介状の利点は

  • 診療所の検査結果をお持ちいただくことにより、重複して検査をしなくて済みます。
  • 病気の経過がよく判り、病院での診療が迅速、的確に行えます。
  • 初診時保険外併用療養費5,400円が免除されます。

かかりつけ医とは

「かかりつけ医」という言葉をご存知ですか?

「かかりつけ医」とは、日常での健康管理や診療科にかかわらず相談に乗ってくれる身近なお医者さんの事をいいます。 体調が悪い時など、重大な病気なのか一時的なものなのか、何科に受診すればよいのかよく分からない事もあります。

いきなり大きな病院にかかる前に、まず「かかりつけ医」に診てもらって相談してください。必要があれば、適切な病院の適切な診療科に紹介してくれます。

あなたの健康状態、持病など包み隠さず話し合える「かかりつけ医」を持つことが健康な毎日を送る第一歩といえます。

ページの先頭へ