1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 愛知県がん診療拠点病院
  3. 化学療法

化学療法

愛知県がん診療拠点病院

化学療法室

平成19年7月に開設し、当初3床から運用を開始し徐々に増床、現在10床で、年間1,300件ほどの化学療法を行っています。医師、薬剤師はもちろん、外来看護師、病棟看護師、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士など、様々な職種で協力し、患者さんが安心して、少しでも快適に治療を受けられるように、チームでケアに当たっています。

朝のミーティング

当日治療予定の患者さんの情報共有や、治療・看護の方針の共有など、医師・薬剤師を含めてミーティングを行います。

朝のミーティング

化学療法室内

治療室内は、チェア4台とベッド6床の計10床です。
治療に用いる薬剤は薬剤部で調製され、薬剤師が届けます。薬剤師が患者さんの症状を直接伺うこともあります。

化学療法室内 化学療法室内

化学療法室内患者サロン

採血結果を待つ間、患者さんが休憩されたり、治療中のご家族にお待ちいただく場として自由に使って頂いています。

化学療法室内患者サロン

化学療法室メンバー

チームワークが良く、患者さんのちょっとした症状や、楽しみにしていることなども共有し、少しでも快適な治療継続や、患者さんの生活の質を保てる対策について検討します。
薬剤師は、がん専門薬剤師が担当し、看護師は、がん化学療法看護認定看護師を含む6名の看護師が、交代で患者さんのサポートを行っています。治療の安全性を保てるように、化学療法に関する教育を受けた看護師のみが勤務することになっています。

化学療法室メンバー

ページの先頭へ