1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 看護部
  3. 働きやすい環境
  4. 保育所について

働きやすい環境

看護部

保育所について

中部ろうさい病院は、お子さまを持つ看護師のために、平成19年3月に保育所を設立しました。

お子様がのびのびと、個性豊かに成長するよう、1人ひとりを大切にし、目の行き届くあたたかい保育の実践に努めていきたいと考えています。今後もさまざまな取り組みを積極的に行い、お母さんが「安心して預けられる保育所」を目指します。

  • 病院敷地内の保育所(病棟に隣接し、徒歩約1分)
  • オートロックシステムの玄関
  • ホルムアルデヒド対応の床材、壁材
  • お子様専用の足洗い場
  • 乳児室
    など

写真:保育所内イメージ

お母さん看護師の声

  • 子どもがまだ小さく、保育所に預けることに不安がありましたが、病院の制度を活用することで、子どもと一緒にいる時間を作ることもできることを知り、預けることにしました。私は、お昼休みの時間を利用し授乳をしています。
  • 子どもの離乳がなかなか進まず、保育所に預けるのをためらっているとき、偶然、ここの保育士さんに相談したところ、親身になっていろいろなアドバイスをいただきました。さらに、1日も早い職場への復帰を望んでいた私に、「お子さんはぜひ任せてください!」と後押ししてくださり、その言葉がきっかけで、今は仕事と子育ての両立を実現しています。
  • 子どもが病気のときや緊急時に連絡があると、すぐに駆けつけることができるのでとても安心できます。また、保育士さんと交換する連絡ノートを利用して、子育ての不安などを相談できるので、ずいぶん助けられています。

ページの先頭へ