1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 外科系診療部門 リハビリテーション科

外科系診療部門 リハビリテーション科

外科系診療部門 リハビリテーション

リハビリテーション科の関連ページ

概要

対象となる疾患や治療内容

 主な対象疾患は脊髄損傷、切断、脳血管障害等です。医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ケースワーカーが一体となって患者さんの社会復帰の支援を行っています。

 特に、脊髄損傷の患者さんには、専門的なリハビリテーションおよび排泄管理(ウロダイナミクス等)をはじめとした医学的管理を行っており、予後予測や褥瘡(床ずれ)予防にも万全を期しています。また、痙縮の軽減や疼痛の緩和による日常生活活動の拡大など、少しでも患者さんのお役に立てる治療を目指しております。

 当科では、ボトックス等を使用した痙縮コントロール、脊髄損傷者の体重免荷トレッドミル歩行訓練、対麻痺を対象とした歩行用ロボット訓練、切断後の義肢適合判定と訓練(上肢切断には筋電電動義手を積極的に導入しております)、嚥下機能評価と訓練等も行っています。

リハビリテーション

リハビリ

 リハビリ科入院の患者さんに対して、必要に応じて理学・作業療法士が病棟でリハビリを行っています。訓練を行うに当たっては、訓練室でのリハビリと併せて、実際の生活空間で動作訓練をすることが効率的で有効とされています。

 作業療法士が自助具(動作を補助する器具)を検討し、動作の方法を助言・訓練も行っています。内容は状態に合わせて多岐に渡りますが、日常生活改善を目指しています。

また、当院を退院された方や関連外部の方々をお招きして、これからの社会復帰に向けた情報提供『社会生活講座』を定期的に開催しています。

リハビリ

ページの先頭へ

褥瘡(床ずれ)予防

 私たち看護師は、患者さんとサポートをする家族の方に、退院後の生活を考えた「褥瘡・皮膚障害の予防方法やマットレス・クッションの選択」ができるようにアドバイスをさせていただいています。さらに、日常生活の中でのケア方法を一緒に実践しています。

 リハビリ訓練を進めていく中では、褥瘡や皮膚に関してのトラブルが最も起こりやすく、日常生活の質を低下させる原因の一つとなっています。移動動作に伴って発生するずれや摩擦、臥床や車いす生活による長時間の圧迫という問題です。

 退院後によりよい生活を送ることができるように、リハビリ訓練中から退院まで継続して患者さん・家族の方とともにケアをさせていただいています。

ページの先頭へ

痙縮

 脊髄損傷や脳卒中において、麻痺と共にみられることが多い障害の一つに「痙縮」があります。痙縮とは、手足や体幹の筋肉のつっぱりのことを言います。

 痙縮があると、手指が握ったままの状態になってしまったり、肘が曲がって伸ばせなくなったり、足が裏側の方向に曲がってしまうなどの症状が出てきます。そのような姿勢が続くと、関節が固まって動きにくく(拘縮)なってしまうこともあります。

 このように痙縮により日常生活に支障をきたす場合は、痙縮に対する治療が必要となってきます。

ページの先頭へ

ボトックス(療法について)

 当院では、内服薬での痙縮コントロールが難しい場合には、外来でのボツリヌス療法等の神経ブロック療法を導入しております。

 ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)により作り出されるたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分とするボツリヌストキシン製剤を、筋肉内に注射する治療法です。ボツリヌストキシン製剤を注射することにより、神経の働きを抑えて筋肉の緊張をやわらげることができます。ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。

 ボツリヌス療法とリハビリテーションとを併用することで、より日常生活動作を行いやすくなることが期待できます。

ページの先頭へ

体重免荷トレッドミル歩行訓練

トレッドミル

 ハーネスという吊り具で体を支えながら歩くため、転倒の危険性が低く、体の負担を少なくして歩行練習ができます。個々の身体状況に合わせて体重免荷量や歩行速度も調節できます。

ページの先頭へ

筋電電動義手

 筋電義手は、切断手の残っている筋肉の動きを利用して、モーターで義手の指を動かします。掴む力が強いことが特徴です。

 職場や生活環境に適した義手を、状態・状況に合わせて検討します。早期の社会復帰に向けて訓練を行っています。

筋電電動義手
義手

ページの先頭へ

嚥下機能評価と訓練

 飲み込みが弱い方には検査を行い、適切な食事や姿勢の評価を行っています。そして、食物を使う訓練や、のどの筋力をつける訓練等を患者さまの状態に合わせて行います。また、看護師やご家族・患者さまでも行える訓練をお伝えしています。

嚥下

ページの先頭へ

リハビリテーション科の関連ページ

ページの先頭へ