1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 外科系診療部門 リハビリテーション科

外科系診療部門 リハビリテーション科

外科系診療部門 リハビリテーション

リハビリテーション科の関連ページ

脊髄疾患とリハビリテーション

脊髄損傷とは

 脊髄とは脊柱(背骨)の中を通っている神経のことです。外部からの強い圧力などにより、この脊髄が損傷を受けた状態を脊髄損傷といいます。外傷だけでなく、ヘルニアなどの内的要因からも脊髄損傷を発症することがあります。症状としては、損傷部位の支配レベル以下における麻痺があげられます。損傷の状態により症状の重さは異なり、脊髄の神経伝達機能が完全に断たれた「完全損傷」、一部の機能を残した「不完全損傷」に分かれています。

完全損傷の場合、運動機能と知覚機能の双方が消失します。また、頚髄損傷および上位胸髄損傷の場合は、自律神経系の機能も損なわれるため、汗をかく、鳥肌をたてるといった体温や血圧のコントロールがうまくできなくなり、血圧が不安定になります。

ページの先頭へ

脊髄損傷のリハビリテーションについて

 脊髄損傷に対しては、まずは全身状態を安定させて損傷が広がらないようにする必要があります。患者の状態に応じて手術や薬物療法を行い、損傷部位によっては呼吸機能が低下するため呼吸器を装着するなど全身状態の管理を行います。症状がある程度落ち着いたら、離床や運動、日常動作の訓練を行います。損傷の程度に応じて、目標とする生活自立度を設定し、理学療法(歩く、車いすに乗るなどの運動に関するリハビリテーション)、作業療法(ひげをそる、文字を書くなどの日常動作に関するリハビリテーション)等の側面から一人ひとりにあった計画を作成し、リハビリテーションを実施します。また、今後の生活への不安といった心理的問題への対処も重要です。

ページの先頭へ

当院の脊髄損傷のリハビリテーション

 当院では、ベッドサイドから、呼吸器を使用した呼吸訓練やクッションを使用した床ずれ及び低血圧の防止を行っています。また、ボトックス等を使用した痙縮コントロール、脊髄損傷者の体重免荷トレッドミル歩行訓練、対麻痺を対象とした歩行用ロボット訓練、牽引式起立・歩行レーン、長下肢装具(HALO)など高度な技術を用いて機能回復に努めています。

また、当院に障害の当事者の方をお招きして普段の生活の様子などについてお話しを伺い、リハビリテーションの長期的ゴールや社会復帰等に対する理解・意欲を深めることを目的とした社会生活講座を50回以上に渡って開催しております。

体重免荷トレッドミル歩行訓練
体重免荷トレッドミル歩行訓練
歩行用ロボット訓練
歩行用ロボット訓練
社会生活講座の様子
社会生活講座の様子
リハビリテーション科の関連ページ

ページの先頭へ