1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 外科系診療部門 産婦人科

外科系診療部門 産婦人科

  • 外科系診療部門 産婦人科

すべての女性の悩みに答えます。

産婦人科の関連ページ

 当科では周産期医療(妊娠管理・分娩・新生児管理)、婦人科腫瘍の治療(良性・悪性)、不妊症、女性ヘルスケア(思春期のホルモン異常や更年期障害)などの全般の診療を行っております。
 「産科領域」においては、母児安全を第一に考え、妊娠初期から満期まで必ず超音波検査を行い、詳細に児の発育などを検査(4D外来、超音波スクリーニング外来)し、徹底した周産期管理を行っています。母児同室を原則とし、助産師による妊娠管理指導および母乳栄養(助産外来、母乳外来のご案内)を推進しています。
 「婦人科領域」においては、日本婦人科腫瘍学会指定修練施設であり、子宮がん・卵巣がんなど悪性疾患に対し手術および化学療法、放射線療法など手掛けております。抗がん剤による治療は患者さんの体調やご希望により入院・外来どちらでも行うことができます。新しい薬剤も積極的に使用し、患者さんの負担は少なく効果は大きく、を目標として個別の治療を行っております。手術に関しては開腹手術や腟式手術のみならず、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍などの良性腫瘍全般に対し腹腔鏡下手術(腹腔鏡下手術のご案内)を施行しておりますが、2018年から子宮がんに対して腹腔鏡下子宮悪性手術(腹腔鏡下子宮体癌根治術について)を開始しております。近年増加している子宮内膜症、子宮筋腫、骨盤臓器脱の患者さんには、その方の症状、年齢や生活背景などを考慮し、種々の薬物療法や手術療法を組み合わせてニーズに沿った治療を進めております。
 外来診療での特殊外来も充実させ、子宮頸部のコルポスコピー検査、子宮鏡検査を行っています。
 「女性のヘルスケア」においては更年期障害や月経困難症などのあらゆる世代の女性ホルモン異常に対する治療も行っています。「不妊症」においては、原因検索を含む各種検査、タイミング療法や排卵誘発、人工授精までを対応しています。そのため、より高度の生殖医療技術である体外受精を希望される患者さんは専門の医療機関を紹介させていただいております。

4D外来、超音波スクリーニング外来のご案内

超音波

産婦人科外来において4D外来(4Dエコー検査外来のお知らせ)および超音波スクリーニング外来を実施しております。
超音波スクリーニング外来では胎児・胎盤などに異常がないかチェックします。主な観察項目は下記のとおりです。

  • 頭部(脳)
  • 顔面(鼻骨、口唇、眼球)
  • 心臓、胸部(肺、胸水)
  • 腹部(胃、肝臓、腎臓、腸、膀胱)
  • 背骨
  • 四肢(手足)
  • 胎盤、臍帯(へその緒)、羊水量

大きな異常の場合、半数はみつかりますが、半数はみつかりません。出生とともに赤ちゃんは肺呼吸を始めるため、その変化が起こるときに特定の心臓・肺の異常があると緊急に処置や手術が必要となることがあります。そのような重症な異常がないかどうかを中心にこのスクリーニング検査を行っています。もし赤ちゃんに異常があっても知りたくない方はこの検査は受けない方がよいでしょう。

ページの先頭へ

助産外来、母乳外来のご案内

当院外来通院されている妊婦さんを対象に助産外来を行っております。
日々変化する妊娠中の身体や症状に対する心配や悩みはそれぞれで異なります。
生活上の悩みや出産時の不安、産後の生活を含めて当院助産師が個別に対応させて頂きます。
また産後には母乳外来も行っております。
退院後のおっぱいトラブル(分泌量や乳腺炎など)に対し、当院助産師がマッサージなどを含め個別に対応致します。

ページの先頭へ

腹腔鏡手術のご案内

腹腔鏡

腹腔鏡下手術は開腹手術と比較し、術後疼痛の減弱、入院期間の短縮、術創が小さいといった利点があります。この数年間で適応も拡大し年々手術件数は増加しております。
臍部と下腹部数か所の5-12mmの小さな創部から機械とカメラを挿入し、手術を施行します。
術野確保のため、腹腔内にCO2を挿入し(気腹法)十分な視野で手術を施行します。適応症例について担当医が判断させて頂きますので、希望がある患者様は外来にてご相談下さい。

ページの先頭へ

腹腔鏡下子宮体癌根治手術について

2014年4月1日より腹腔鏡下子宮体癌根治手術が保険適用となりました。
当院では日本婦人科腫瘍学会腫瘍専門医を持つ当該手術の経験のある産婦人科医師が手術を行うことで手術の質を担保しています。
従来の開腹手術を腹腔鏡下手術に置き換えることで、手術切開創は非常に小さくなり、それに応じて術後の疼痛は非常に少なく術後回復は早くなり、結果的に早期退院が可能になります(通常術後1週間程度)。
開腹術と比較し出血量は少なく手術時間は同等です。
この手術は病巣が子宮に限局している早期子宮体癌(Ⅰ期)が手術適応となります。子宮筋腫のような良性腫瘍手術と異なり子宮を体内で小さく破砕する事ができませんので、原則として子宮を切開せずに腹腔外へ取り出せる事が条件となります。
がん手術の成績として現時点では開腹手術と同等です。適応症例を選択することが非常に重要ですので手術希望の場合は担当医にお尋ねください。

ページの先頭へ

医師紹介

  • 藤原 多子/Sawako Fujiwara

    部長 藤原 多子/Sawako Fujiwara( ふじわら さわこ )

    専門分野
    産婦人科一般臨床、婦人科腫瘍(悪性疾患)
    専門医
    • 日本産婦人科学会専門医
    • 日本産婦人科学会指導医
    • 日本婦人科腫瘍学会専門医
    • 日本癌学会認定医
    • 母体保護法指定医
    • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター
    • 臨床研修指導医
    • 女性ヘルスケア暫定指導医(日本女性医学学会)
  • 渡部 百合子/Yuriko Watanabe

    副部長 渡部 百合子/Yuriko Watanabe( わたなべ ゆりこ )

    専門分野
    産婦人科一般臨床、周産期管理
    専門医
    • 日本産婦人科学会専門医
    • 日本周産期新生児学会専門医
    • 日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コース(Aコース)インストラクター
    • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)認定インストラクター
  • 関谷 敦史/Atsushi Sekiya

    医師 関谷 敦史/Atsushi Sekiya( せきや あつし )

    専門分野
    産婦人科一般臨床、産婦人科腫瘍
    専門医
    • 日本産婦人科学会専門医
  • 大岩 絢子/Ayako Oiwa

    非常勤医 大岩 絢子/Ayako Oiwa( おおいわ あやこ )

    専門分野
    産婦人科一般臨床
    専門医
    • 日本産婦人科学会専門医
  • 日比 絵里菜/Erina Hibi

    専攻医 日比 絵里菜/Erina Hibi( ひび えりな )

    専門分野
     
    専門医
産婦人科の関連ページ

ページの先頭へ