1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 内科系診療部門 神経内科

内科系診療部門 神経内科

  • 内科系診療部門 神経内科

脳や末梢神経の障害を幅広く、最先端の医療で。

神経内科は、脳や脊髄・末梢神経等全身の神経系を診療する科です。

脳疾患としては脳卒中、パーキンソン病などの神経難病、認知症、てんかんなどの他、日常誰でも経験する頭痛などがあります。末梢神経疾患としては糖尿病性神経障害、炎症性末梢性神経障害などを扱っています。脳血管障害については、脳神経外科と協力して、脳卒中急性期診断治療(愛知県下でも真っ先に24時間緊急MRI診断が可能であり、r-tPAによる血栓溶解療法も当初より体制を作って、実績を上げてきています。)を実施し、レベルの高い当院のリハビリテーション科との連携のもと急性期からの積極的なリハビリテーションを行い、より良い治療実績を上げています。さらに脳卒中では予防が大切で、他科との協力のもと発症危険因子の対策に力を入れています。

末梢神経障害は主に手足の運動障害、しびれを扱います。近年急増している糖尿病による末梢神経障害および炎症性末梢神経障害を組織的に診療、研究を行なっています。当神経内科の症例数は全国有数レベルです。

また、近年高齢化社会の中で神経疾患は増加の一途をたどっており、変性疾患などの神経難病のみならず、認知症や頭痛など様々な神経疾患に対応した体制作りをしています。

神経内科の関連ページ

医師紹介

神経内科の関連ページ

ページの先頭へ