1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 内科系診療部門 糖尿病・内分泌内科

内科系診療部門 糖尿病・内分泌内科

内科系診療部門 糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科の関連ページ

概要

主な対象疾患

  • 代謝性疾患:糖尿病、高脂血症、高血圧症、痛風
  • 内分泌性疾患:甲状腺疾患、下垂体疾患、副腎疾患、副甲状腺疾患症

特色

昭和46年に専門外来を開設、昭和62年より糖尿病センターとして糖尿病の診断・治療・合併症管理・教育指導について病診連携、病病連携を重視し対応しています。糖尿病学において著名な堀田 饒名古屋大学名誉教授(前国際糖尿病連合IDF副会長)が平成13年4月より平成23年3月まで当院院長(現名誉院長)を務められ患者の診断・治療のみならず、スタッフの指導にも精力的に活動されました。現在は中島部長を中心に、単に血糖コントロールを行うだけでなく、全身管理を目指し対話を重視した患者個々人の問題点に即した治療を目指しています。病院全体に糖尿病療養指導士が約15人活動しており、糖尿病療養チームでの患者さん指導に力を入れています。特にIDFと日本糖尿病協会が積極的に普及推進しているカンバセーションマップTMを積極的に取り入れ、中部地方での普及活動を推進しています。

現在、治療継続中の患者は約3500名であり、常勤医師7名に加え、4名の看護師と5名の栄養士で、一日3~4診察室で週17診、糖尿病慢性合併症(動脈硬化症)評価・肥満症の専門外来を糖尿病センターとして運営しています。

糖尿病・内分泌疾患専門病棟(24床)を有し、常時、医師・看護師・薬剤師・栄養士によるチーム医療を行っています。患者さんにより、眼科医師、形成外科医師、理学療法士、臨床心理士も教育指導に加わる体制をとっています。外来、入院患者対象の糖尿病教室は月~金の週5日を1クールとして、医師・看護師・薬剤師・栄養士が「糖尿病とは」「急性合併症」「足のケア」「シックデイ対策」「生活指導」「運動療法」「薬物指導」「栄養指導」を行っています。

パス入院は、「1~2週間の糖尿病治療、血糖コントロール教育パス入院」に加えて、「インスリン自己注射導入入院」「連続血糖測定(CGM)パス入院」などのコースを開設し、患者さんのニーズに細かく対応しています。

多くの政策医療研究、臨床研究、臨床治験を遂行しています。特に別記(診療実績)の労災疾病等13分野医学研究;疾病と就労の両立・職場復帰支援(糖尿病)(特任ディレクター;堀田 饒、主任研究者;中島英太郎)では他の労災病院5施設と共同で、糖尿病治療と就労の両立のためのガイドライン作成へ向けた調査を行い、現在そのモデル事業に取り組んでおります(治療就労両立支援モデル事業)。また糖尿病関連ゲノム解析・バイオマーカー探索研究(中島英太郎)では、名古屋大学・国立国際医療センター・愛知医科大学・慶應義塾大学・名古屋学芸大学等と共同研究を進め、ここ数年でNature genetics誌3編(共著者)また別掲のように多くの成果が発表されています。さらに国内はもちろんの事、国際学会での発表も積極的に行っています。

連携

合併症対策にも当院の他科専門医と綿密に連携し、幅広く対応しています。糖尿病性網膜症に対しては、当院眼科にて硝子体除去術、光凝固術を行っています。糖尿病性腎症に対しては、腎臓内科と協力のもと厳しい血圧管理と低蛋白食にて治療を行っています。糖尿病性神経障害に対しては、神経内科と共に、C64音叉計、神経伝導速度検査計、瞳孔計などを駆使して早期発見、早期治療を行っています。動脈硬化症に対しては、頚動脈エコー・脈派検査にて早期発見に努めており、心病変には循環器科にて心臓超音波検査、トレッドミル負荷検査・心筋シンチ検査・心臓CT検査・心臓カテーテル検査などを行い治療計画を立て対応しています。脳血管障害に対しては、神経内科と共に頭部MR、頭部CT検査、脳血流シンチ検査などにより検査・治療を行っています。足病変に対しては形成外科と協力して足保存を念頭に治療しています。妊娠希望者には産婦人科と協力して計画妊娠・出産を行っています。地元医師会とは定期的に症例検討会を行い、病診、病病連携を緊密に行っています。

認定内容

  • 日本糖尿病学会認定教育施設
  • 日本肥満学会認定肥満症専門病院
  • 臨床研修指定病院
※カンバセーションマップTM
カンバセーションマップTMは、すごろくのような「会話のための地図」を使いながら患者さん同士のグループでの対話を通して、患者さんの治療意欲を高める事を目的とした、IDF推奨で世界共通に使用されている新しい糖尿病療養指導ツールです。当院ではトレーニングを受けた協会認定ファシリテーター(進行役)が週一回の運営を行っておりますので是非、患者の皆様に参加して頂きたいと思います。現在年一回のファシリテーター養成講習会を開催しています。
※連続血糖測定器(CGMS)
連続血糖測定器(CGMS;continuous glucose monitoring system )は、近年厚労省より保険承認された新しい検査機器で、5分に一回、一日288回の血糖値を連続的に測定・記録可能な機器です。1型糖尿病患者さん、インスリンポンプ(CSII)使用中の患者さんあるいは夜間などの低血糖の可能性のある内服患者さん、あるいは食後に非常に高血糖が疑われる患者さんなどには非常に有用な機器です。現在3台を運用中です。
※持続皮下インスリン注入療法(CSII: continuous subcutaneous insulin infusion)
CSIIは、インスリンポンプを用いて24 時間持続的にプログラムに従ってインスリンを皮下に注入する方法で、超速効型インスリンを用います。CSIIは断続的なインスリン皮下注射療法では血糖コントロール困難な患者さん、特に内因性インスリンの枯渇した1型糖尿病患者さんで用いられますが、使用できる施設は限られています。2型糖尿病さんでも使用されます。食後高血糖、夜間などの低血糖の頻度が高いブリットル型と言われる血糖不安定な患者さんに非常に有用な機器です。現在15台程度を運用中です。 またカーボカウント法との併用も有用です。さらにCSII+CGMS機能が併さった機器、SAP(Sensor Augmented Pump センサー補助型インスリンポンプ)を使用している患者さんもいらっしゃいます。
糖尿病・内分泌内科の関連ページ

ページの先頭へ