1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 治療就労両立支援センター

治療就労両立支援センター

概要・病院情報・沿革

中部ろうさい病院「治療就労両立支援センター」
 (旧「勤労者予防医療センター」)

 これまでの「勤労者予防医療センター」では、主に個々の勤労者を対象とした疾病の発症予防や増悪の防止に関する個別指導、講習会等を開催する等の予防医療活動の展開により、勤労者に対する過労死予防等の推進を図ってきました。

 しかし、定年制の延長等による勤労者の高年齢化の進展により、高い疾病罹患リスクを抱える勤労者や、医療技術の進歩により治療を受けながら就労する勤労者が増加する見込みであることから、勤労者の疾病の予防(一次予防)や増悪の防止(二次予防)、更には疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)への更なる取組が求められています。

 このため、「勤労者予防医療センター」は、個々の勤労者に対する予防医療活動を展開する組織から、一次・二次・三次予防策が全国の勤労者や事業場に広く行き渡るよう指導手法等の調査研究を重点的に行い、勤労者の健康確保と福祉の増進により強く貢献していく組織に改編することになり、以下のとおり組織名称の変更や業務内容の見直しが行われました。

  1. 組織名称の変更について
     「勤労者予防医療センター」の名称を平成26年4月から「治療就労両立支援センター」に変更しました。
  2. 業務内容の見直しについて
     従前の疾病の予防(一次予防)や増悪の防止(二次予防)に関する予防医療活動に加え、疾病の治療と就労の両立支援(三次予防)については、平成26年度からは「糖尿病分野」における治療就労両立支援の実践に取り組んでまいります。

 《中部労災病院 治療就労両立支援センター》


      電  話:052-652-2976(直通)

      F  A  X:052-651-5567(直通)

センター紹介

ページの先頭へ

予防医療部

 労働者健康安全機構の予防医療モデル事業の展開するテーマにそって、予防医療に関する事例の集積やその分析・評価を行い、効果的な予防法・指導法の研究・開発に取り組んでいます。
 また一方で、企業や事業所からの依頼を受け、予防医療の普及のための講演/測定会や各種個別指導等を行っています。

ページの先頭へ

  • 予防医療モデル事業
  •  現在、中部ろうさい病院では「サルコペニアの予防」には、どのような方法が有効かを探る研究を中心に、以下の5つのテーマに取り組んでいます。

    • 「サルコペニア防止を目的とした運動・栄養指導および生活指導法の検討」
    • 「サルコペニア予防を見据えた緩やかな糖質制限食とカロリー制限食の指導法の比較検討」
    • 「腰痛と下肢体幹筋量の関係に関する調査、および運動指導介入による効果の検証」
    • 「閉経前後の女性の体組成、特に筋肉量の変化と介入の効果」
    • 「中高年勤労女性の女性ホルモンと動脈硬化の関係―指導・介入の効果」

     これらの経過報告および成果発表は、日本職業・災害医学会や人間ドック学会等にて行っており、今後、結果をまとめたリーフレット等を順次作成していく予定。また、上記テーマに関連した講演や測定会を積極的に実施し、その普及に努めています。

     

    ≪サルコペニアとは≫

     加齢や病気などにより、骨格筋量の減少・筋力低下をおこした状態をいいます。
     サルコペニアでは、歩行速度が遅くなるなど身体活動のレベル低下をきたすためエネルギー消費効率が下がり、糖尿病などの生活習慣病のリスクが高くなったり、健康寿命が短くなったりすることが問題となっています。
     筋肉量は何もしないと一年で約1%ずつ減少していきます。加齢はとめられませんが、筋肉量を減らさないための生活習慣の見直しは、今日からすぐに始めることができます。

    サルコペニア予防法(運動)

     

ページの先頭へ

  • 講演/測定会、各種個別指導(有料)
  •  企業・自治体等からの依頼により、勤労者の健康についての講演や測定会および各種個別指導を、医師および専門の医療スタッフ(理学療法士/管理栄養士/産業看護師)がお引受けいたします。

     まずは、ご希望をお伝えください。それにそってご提案し、御見積書等を作成します。

     測定会については、体験コース(無料)もご用意しております。 いずれもご不明な点につきましては、お問合せください。

     

     主な講演内容は以下のとおり。  測定会(体成分分析=インボディ測定/超音波骨密度測定)との組み合わせもできます。   

    • 〇 サルコペニア
    • 〇 生活習慣病(死の四重奏=肥満、
    •    高血圧、糖尿病、高脂血症)
    • 〇 腰痛
    • 〇 禁煙/飲酒
    • 〇 メタボリックシンドローム
    • 〇 健康管理
    • 〇 過労死(脳・心疾患=メンタルヘルス)
    • 〇 女性や高齢者の健康障害/健康管理
    •  など


ページの先頭へ

両立支援部           糖尿病分野における主幹施設

  中部ろうさい病院では、糖尿病分野を中心に『病気の治療をしながらはたらく人をサポートする』ための「両立支援マニュアル」や「糖尿病管理手帳」などを立案・作成し、その普及活動に取り組んでいます。ここでは、医師、看護師、メディカル・ソーシャル・ワーカー(MSW)、薬剤師、管理栄養士、理学/作業療法士等の医療スタッフがチームを組み、それぞれの専門知識を活かして、様々な角度からの総合的なサポートを目指しています。
 また、平成23年度より勤労者医療フォーラム「就労と糖尿病治療の両立」をここ名古屋で隔年(2年に1回)開催し、糖尿病の最新情報の発信基地としての重要な役割を担っています。
 その他の「がん」、「脳卒中リハビリテーション」、「メンタルヘルス」分野に関しても他の労災病院と連携し、休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取組みを行っています。
 なお、当院の両立支援に関する相談窓口は、医事課 よろず相談室 メディカル・ソーシャル・ワーカー(MSW)となります。

 

両立支援マニュアル(改訂準備中)

糖尿病管理手帳(改訂準備中)

ページの先頭へ

ページの先頭へ