1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 採用情報
  3. 専門医研修のご案内
  4. 産婦人科

産婦人科

概要・病院情報・沿革

患者さんに向けた医師からのメッセージ

医師紹介

科の特徴

 昨今の産婦人科医師や分娩施設の減少の中で、産婦人科医療を総合的に行っており、周産期、悪性腫瘍、不妊症すべてに総合的に対応しています。

 港区における唯一の総合病院であるため、症例数も多く、その内容も多岐にわたっています。

 当科では現在4人の常勤医(平成11年、13年、16年、18年)で完全主治医制を基本としており、外来初診時より入院、手術に至るまで、分娩時も可能な限り主治医の関わりを原則としています。患者側からのニーズだけでなく、医師の研修という側面からも、主治医制の方が責任ある総合的な医師を育成できると思うからです。

 もちろん、指導医とのコミュニケーションは緊密であり、指導体制は充実しています。

専門医研修カリキュラムあるいは具体的な到達目標

※当院は、名古屋大学医学部付属病院の連携施設になります。原則、名古屋大学産婦人科医局に入局する必要があり、その場合、専門医研修後は一旦、大学に帰局することとなります。

1年目(卒後3年目)の到達目標:
2年目(卒後4・5年目)の到達目標 :

 専門医研修は、周産期・腫瘍・不妊・更年期のすべての分野に研鑽し、総合的な産婦人科医となるための基礎作りを目標とする。そのうえで、名古屋大学産婦人科関連病院のネットワークのもとに、希望する分野の専門知識・技術の向上を研鑽していく。

 

≪診療実績≫

   診療実績

ページの先頭へ