1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 看護部
  3. 教育制度
  4. キャリア開発

教育制度

看護部

キャリア開発

各種支援制度により、スムーズなキャリアアップを促進します
患者さん中心の医療を追求すると同時に、職員自身も働くやりがいを感じられるような環境づくりに努めています。「明るく、楽しく」をスローガンとし、それぞれが成長するために、中部ろうさい病院では各種支援制度を整備しています。個人のライフステージに合せた選択が可能です。

認定看護師教育機関への進学

教育期間中は出張扱いとなり給与は全額支給されます

中部ろうさい病院では、積極的にこの認定資格の取得をチャレンジしてほしいと考え、その教育期間中(6ヵ月)は出張扱いとし、給与を全額支給しています。また、取得に係る費用の一部助成(資格取得助成金)や取得後の資格維持のための助成(資格維持助成金)についても行っています。

認定看護師とは・・・

日本看護協会ホームページによると、認定看護師は「特定の看護分野において、熟練した看護技術及び知識を用いて、水準の高い看護実践のできる認定看護師を送りだすことにより、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上を図ることを目的」としており、専門の教育・研修を受けることで、資格認定されます。

当院においても、様々な分野で認定看護師が活動しており、専門的な知識や技術をもって患者さん、ご家族に誠実に接することで「生命・生活」の質の向上に貢献する看護を行います。

看護師特定行為研修の実施

院内で受講することができます

労働者健康安全機構では、看護特定行為研修の指定研修機関として、現在、全国23の病院で研修を実施しています。当院でも、「創傷管理」「救急・集中」領域の研修を行っています。労働者健康安全機構で定めた受講料で、慣れた院内で勤務しながら受講することができます。また、日本看護協会や大学病院の実習施設にもなっているため、他の領域の研修でも、院内で実習を受けることが原則可能です。キャリアアップに役立ててください。

大学・大学院への進学

看護レベルの向上を願う看護師のために進学の道も用意しています

専門看護師や助産師など、専門職としてのキャリアアップを目指す看護師をサポートするため、病院長の推薦があれば、奨学金を利用し進学できます。卒業後、一定期間労災病院へ勤務すれば、返還は免除されます。すでに何人もの先輩が、制度を利用して進学しています。

派遣交流制度

全国労災病院へ短期・長期で派遣する制度があります。「北海道中央せき損センターで2年だけ働いて学び、また戻って働きたい」というような希望に応えることができます。

院内・院外研修

看護の質の向上を目指します

院内・院外での様々な学会・研修へ参加することができます。積極的に希望者を支援し、看護サービスの向上を図っています

【学会参加支援・院外研修支援制度】
看護学会のほか、各種専門学会、院外研修への参加を奨励します。交通費・参加費・宿泊費などの補助制度も充実しています。
【院内研修】
キャリアラダー(臨床看護実践能力の段階)を用いたキャリア開発プログラムにより、看護師一人一人の成長に合わせた研修を受けることができます。
【本部研修】
労災病院の本部研修センターでの研修に参加することができます。
院外研修の場として、本部の研修センターがあります
院外研修の場として、
本部の研修センターがあります

ページの先頭へ