1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 看護部
  3. 教育制度
  4. 新人教育

教育制度

看護部

新人教育

当院の新人看護職員教育の基本方針

  1. 新人看護職員が基礎教育で学んだことを土台に、臨床実践能力を高める
  2. 基礎教育では学習することが困難な医療チームの中で複数の患者を受け持ち、看護を安全に提供するための臨床実践能力を強化する
  3. 安全で安心な療養環境を保障するため、患者の理解を得ながら組織的に職員の研修に取り組む
  4. 専門職業人として成長するための教育体制を整備する
  5. 医療状況の変化や患者・家族のニーズに柔軟な対応ができるように教育体制を発展させる
キャリアラダーⅠ(新人レベル)到達目標
  1. 助言を得てケアの受け手や状況(場)のニーズをとらえる
  2. 助言を受けながら安全な看護を実践する
  3. 関係者と情報共有できる
  4. ケアの受け手や周囲の人々の意向を知る
  5. 勤労者看護に必要な知識を習得し、助言を得て、勤労者看護を実践する
  6. 病院・看護部の理念や目標を理解する
    組織の一員としての自覚を持ち、社会人として自立する
  7. 教育プログラムに積極的に参加し自己学習する

ICTラウンド

ICTラウンド

ASTカンファレンス

 

 

新人研修プログラムの図

新人研修プログラム

 

新人看護師サポート体制

当院では、研修責任者の指導や助言の下、新人研修員委員会が新人看護師、教育担当者、実地指導者への研修の企画・運営を行っています。各セクションの教育計画を看護師長補佐・教育担当者が中心となって立案しています。その計画にそって、実地指導者が中心となりセクション全体で教育をします。

※教育担当者:
キャリアラダー レベルⅣ以上の看護師
各セクションにおいて、指導の実践・調整、基礎看護技術評価の進捗度に合わせた教育計画の調整や修正を行う。集合研修の内容を把握し、OJT(On-The-Job Training)実施に向けての調整を行う。
※実地指導者:
キャリアラダー レベルⅢ以上の看護師
新人看護師の入職初期における職場適応への支援、精神的支援、基礎看護技術習得に向けての支援を行う。

新人看護職員教育体制

教育プログラム

新人看護師の声

新人看護師に4月から働いて嬉しかったことをインタビューしました。

新人看護師の声

【先輩との関わり】
  • 不安げな気持ちを抱えながら入った夜勤で、何度も「大丈夫?」と声かけてくださったり、サポートをしていただいたりしてサポートをしていただき、安心して行うことができた。
  • 先輩ができるようになったことや頑張っていることを認めてくれてうれしい。
  • 質問したことに対して先輩のアドバイスが的確で自分の知らなかった視点や足りない部分を指摘してくださり、モチベーションが上がり頑張ろうと思えた。
【実地指導者との関わり】
  • 技術チェックでなかなか合格できないときにつきっきりで指導してくださったり、悩みを聞いてくださったりして何度も助けられた。
  • いつも精神的に支えてくださり、時には自身の1.2年目の時の話をしてくれてとてもうれしかった。
  • 振り返りの最期には、いつもやさしい言葉をかけてくださるのでとても感謝している。
【患者さんとの関わりでうれしかったこと】
  • 患者さんに「ありがとう」と笑顔で言われた。
  • 患者さんに「あなたが今日担当でよかったわ。」と言われた。
  • 退院された患者さんが病棟に来て声をかけてくれた。
  • 患者さんの病状がよくなって、毎日散歩している姿をみることができる。
【同期との関わり】
  • 自分が落ち込んでいた時に同期の仲間が声をかけ励ましてくれた。
  • 同期で同じ悩みを分かち合うことができる。
【技術について】
  • すこしづつできることが増えていくのが嬉しい。
【その他】
  • 新しい環境でたくさんの人たちと出合った。
  • 自分が看護師として働くことができている。
  • 仕事で悩んだ時に“メンタルヘルスカウンセリング”を利用できたこと。
    ※メンタルヘルスカウンセリングルームで専門カウンセラーのカウンセリングを無料で受けることができる制度。
  • 研修の体制がしっかりしており、集合研修がたくさんあり、わからない事を質問し、解決できたことで、現場に出る不安を軽減できた。
  • 新人看護師の声
  • 新人看護師の声

実地指導者の声

4月から実地指導者として嬉しかったことをインタビューしました。

プリセプターの声

【実地指導者のこんなところがうれしい】
  • 新人看護師が落ち込んでいるときに、自分が新人だった頃の気持ちを思い出して声をかけたら、共感してもらえた。
  • 指導したことが次に生かされた。
  • 最初より、仕事中の笑顔が増えてきた。
【先輩やスタッフに関すること】
  • 新人看護師がほかのスタッフに褒められていると自分もうれしい。
  • 他の先輩から新人看護師が成長しているといわれるとうれしい。
  • 実地指導者の状況を見て、「チームで見ていこう」など声をかけてくれる先輩がありがたい。
  • チーム内で実地指導者のことを共有してもらっていることがうれしい。
【自分が成長できたと感じる点】
  • 自分自身の知識の曖昧さに気づき、再学習に繋がった。
  • 新人看護師の勉強する姿を見て、勉強する事の楽しさを学べた。
  • 相手の立場に立って指導できるようになった。

プリセプターの声

ページの先頭へ