1. 中部ろうさい病院 ホーム
  2. 診療科・担当医のご案内
  3. 外科系診療部門 形成外科

外科系診療部門 形成外科

外科系診療部門 形成外科

形成外科の関連ページ

リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術について

リンパ浮腫とは

 リンパとは、リンパ管を流れる体液で、体にたまった老廃物を回収し、運搬したり、体に細菌に抵抗したりするための大切な気管です。リンパ管が何らかの原因によりふさがり、リンパの流れが悪くなると、腕や脚等にむくみ(浮腫)ができます。これがリンパ浮腫と呼ばれるものです。

リンパ管静脈吻合(ふんごう)手術

 リンパ管と静脈をつなぎ合わせて、リンパが静脈に流れるようにすることで、リンパ浮腫の軽減を促す手術です。マイクロサージャリー(顕微鏡をのぞきながら特殊な器具を使って行う手術で、微細な部位を治療できます。形成外科領域では、切断した指の再接着や血管の吻合などに用いられる)を応用することで、細かい血管の吻合が可能になりました。

1回の手術に2時間程度要しますが、局所麻酔で行い、切開の傷が小さく、患者さんへの負担が極めて少ないことがメリットとして挙げられます。

形成外科の関連ページ

ページの先頭へ